蜂の子で免疫力をアップする

免疫力の低下は、様々な体調不良の原因になります。最も身近な例では、普通に生活をしているのに風邪を引きやすくなったら、栄養が不足して免疫力が低下しているサインかもしれません。免疫はリンパ球がカギを握っています。リンパ球の働きが活発なら病原菌やウィルスが体内に侵入しようとしても阻止してくれるので、病気になる確率は低くなります。しかしリンパ球に元気がなく働きが低下していると、病気を受け入れやすくなるだけでなく細胞の老化も促進させます。免疫力を維持するにはバランスの良い食事、規則正しい生活が欠かせません。暴飲暴食や過度なダイエットで体内環境を悪化させないようにすることが大切です。

 

免疫力の維持やアップに効果のある食材はいろいろありますが、中でも蜂の子は優れた栄養素のひとつです。蜂の子にはたんぱく質をはじめとして、必須アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれていて、体内の機能を活性化させるとともに、体内のホルモンをバランスよく整える働きも持っています。体内の機能が正しく働くようになれば、血液の状態も改善され、リンパ球が持つ免疫力も正しく機能するようになります。蜂の子に含まれているいるビタミン類は、ダイレクトにリンパ球を正しい状態に維持する効果もあるので、病気に負けない強い体を維持するためには蜂の子を毎日食べると良いでしょう。

 

特殊な食材なので入手が困難な場合には、サプリメントを利用しても同様の効果が得られます。薬ではないので効果が実感出来るまでには、少し時間がかかります。数週間から数カ月、蜂の子を摂取し続けてみて、風邪を引きにくくなったり疲れにくくなったと感じたら、免疫力が強化されていると考えられます。