蜂の子の育毛効果について

髪の毛はたんぱく質で出来ています。バランスの悪い食事や加齢によって体内の栄養状態が悪くなると、体内でのたんぱく質の合成が上手く出来なくなり、抜け毛や枝毛が多くなります。たんぱく質は体内のあらゆる部位に必要な栄養素で、内臓、筋肉、骨など優先順位が高い部位から栄養が送られるため、少しでも不足すると優先順位の低い髪の毛に栄養が届きにくくなります。

 

たんぱく質の合成にはアミノ酸が必要で、人間に必要なアミノ酸は20種類あります。アミノ酸のうち11種類は非必須アミノ酸といい体内で生成することが出来ますが、9種類の必須アミノ酸は体内では作ることが出来ないので、食材などから定期的に摂取することが必要です。蜂の子には9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているので、育毛効果が高い食材と言えます。

 

必須アミノ酸以外に育毛に必要な栄養素に亜鉛があります。亜鉛はケラチンの合成をサポートする成分で、牡蠣やうなぎに多く含まれていることが知られていますが、蜂の子にも含まれています。育毛には髪の毛を丈夫にするだけでなく、頭皮の血行を促進させることも必要です。蜂の子にはビタミンやミネラルなど美容と健康に効果のある栄養素が豊富に含まれているので、体内の栄養バランスを整えるためにも継続して利用すると良いでしょう。

 

髪の毛は毛サイクルによって新陳代謝を繰り返しています。健康な頭皮なら1度抜けても生えかわりますが、4年から7年が髪の毛の寿命と比較的長いです。蜂の子で育毛効果を高めるには、長期間継続して摂取する必要があるため、甘露煮や佃煮を食べるよりも、サプリメントの方が時間や場所を選びませんし、携帯しやすいので確実に続けやすいかもしれません。